ほくろの治療法からセルフチェックまで|コンプレックスを解消

女性

レーザー治療

ドクター

ほくろの治療には、レーザー機器を使用する方法が主流になってきました。美容クリニックによっては複数のレーザーを準備しているところがあり、ほくろの状態に合わせて使い分けることもあります。色が薄いほくろにも対応できるものや、大きく盛り上がっているほくろにも使用できるものなど、レーザー機器にも特性があります。どの機器で治療を行なった方がいいかを見極めて使い分けてもらえますが、ときには同時に複数のレーザー機器を使用することもあります。炭酸ガスレーザーの場合は、施術前に麻酔を行ないますので、痛みを感じることは少ないです。そして出血もあまりありません。レーザーを照射して治療を行なった後は軟膏を塗り、丸一日テープで保護します。その後は10日間ほど軟膏とテープで保護します。1日1回だけ取り替えれば大丈夫です。その後は軟膏とテープは必要ありません。日が経つとかさぶたになってきますが、無理して剥がすことは禁物です。自然にはがれるまで我慢しましょう。

もし数回に分けて通院する場合、治療の期間を数か月ほど開けると良いでしょう。医師から指示があるので、そちらに従ってください。治療した箇所に触れなければ、治療した当日からメイクや入浴が可能です。個人差がありますが、かゆみを感じることもありますので、そういう場合は掻かずに冷やして対応しましょう。また、メイクを控えて様子をみることもいいでしょう。そして、日焼け対策を忘れずに行うようにしてください。施術後の肌はとても敏感です。紫外線のダメージを直接受けないためにも、治療した箇所は露出しないようにしましょう。顔のほくろを治療した場合は、帽子もかぶることをおすすめします。日焼け止めクリームをこまめに塗ることも大切です。時間が経つと汗で落ちてしまいますので、意識して塗り直すようにしましょう。施術効果を維持するためにも、自分でできる対策を欠かさないことが重要です。それが再発防止にもつながります。どのレーザー治療にも当てはまることなので、日頃から意識するようにしましょう。それぞれのほくろに合ったレーザー治療を医師と相談しながら決め、施術後のケアも欠かさないしましょう。