ほくろの治療法からセルフチェックまで|コンプレックスを解消

ほくろの治療法からセルフチェックまで|コンプレックスを解消

ほくろの悩みは医者に相談しよう

普段見えなくても

婦人

ほとんどの人が、顔や身体にほくろがあります。場合によっては気になる位置にできたり、ほくろが大きく、目立ってしまうということもあります。顔や腕などにできたほくろは自分でも確認することができますが、なかなか気づかないのが背中にできるほくろです。それが大きいと、自分ではなかなか見えない分、余計に気になってしまう人が多いようです。普段の服装では誰かに見られるということも少ないですが、夏だと水着を着るときに背中を見られてしまいます。また、結婚式に参列するときやパーティーなどで、背中が見えるデザインのドレスを着る機会などもあります。人から見たら気にならないものでも、自分が気にしてしまって、おしゃれを楽しめないということもあります。そうなってしまってはもったいないので、美容クリニックや皮膚科でのほくろの治療を検討してみましょう。

美容クリニックで受けられるほくろ除去の治療は、いくつか種類があります。肌に負担をかけたくないという方は、ピーリングによる治療法もあります。薄いほくろなら、この治療法で除去することが可能です。専用のトリートメントや薬剤を使用して、肌の古い角質を取り除き、新しい皮膚に再生させるという効果があります。シミを除去することもできるので、肌質改善も同時にできます。このピーリングを数回重ねていくことで、徐々にほくろが薄くなっていきます。ほかにも、主流になっているレーザー治療や、切開による治療法があります。根が深いほくろなどは、切開法による施術ですと、根元まで取り除いてもらうことが可能です。そのため、再発することはありません。切開法の場合、施術後に抜糸や経過観察のために通院することがあるので、それも考慮して治療を受けましょう。

ほくろによるコンプレックスを抱えている人は多いものです。鼻のすぐ下に大きいほくろがあったり、腕や背中に目立つほくろがあったりと、人によって様々です。気にしてしまい、気分が落ち込むことを防ぐためにも、治療を検討してみてはいかがでしょうか。医師の診断で、いい治療法をみつけられることができます。施術を受けて、コンプレックスに悩む気持ちも軽くしましょう。

治療してもいいか

医者

気になるほくろを治療したい場合、まずは取り除いていいかどうかを確認しましょう。また、ほくろに似たメラノーマという皮膚がんではないかどうか、セルフチェックをしてみることもおすすめします。

保険適用の場合も

ウーマン

ほくろによっては、治療に保険が適用される場合があります。メラノーマの可能性があるものや、医師の判断により除去した方がいいというほくろなどが該当します。気になるほくろは医師に診断してもらいましょう。

カウンセリング・治療

ナース

美容クリニックでも、ほくろに関するカウンセリングから治療まで受けることができます。どのようなサポートが得られるのか、治療してからのアフターケアまでアドバイスをもらえるかなども確認してみましょう。

レーザー治療

ドクター

ほくろ治療は、レーザー機器を使用する施術が主流になってきました。ほくろの状態に合わせてレーザー機器を使い分けたり、同時に複数のレーザー機器を使用することもあります。

事前に確認

レディー

各クリニック・皮膚科のホームページ上でほくろの施術法によってどれぐらいの治療費がかかるかということを確認できます。同時に施術法や実際に治療した人の口コミ評価を見てみることも良いでしょう。